刺青・タトゥーについて

電話する メール相談・カウンセリング予約

刺青・タトゥー、アートメイクの問題点

「ファッション感覚で入れてしまった」
「すぐ消せるから…と勧められた」
近年「ファッション感覚で入れてしまった」「すぐ消せるからと勧められた」など安易に刺青やタトゥーを入れてしまい後悔しご相談にご来院される患者様が増えています。タトゥーやアートメイクが原因で起こるトラブルとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

過去の刺青・タトゥーを消したい

「過去にタトゥーを入れたけれど後悔している」、「就職するために除去したい」などタトゥーや刺青を除去したい方は年々増加傾向にあります。札幌中央クリニックでは、ピコレーザー(エンライトン)から外科手術まで行っており、素早くキレイにタトゥー、刺青を除去することが可能です。

結婚を控え、相手方のご両親の心象を悪くしてしまう

本人はファッション感覚のつもりでも、年配の方にとってタトゥーや刺青は大変心象の悪いものです。「ウェディングドレスの衣装合わせの際に発覚し、婚姻を取りやめた」などの例もあるようです。

プールや公共のサウナを利用できない

プールやスーパー銭湯などの大衆浴場には『タトゥー・刺青を入れている方はお断りします』と必ずと言っていいほど貼ってあります。
これはご本人が我慢すればよいだけなのですが、将来お子さんができた時や友人との旅行などの際に大変困ることがあるようです。

就職活動が不利になるケースもある

企業にもよりますが、刺青・タトゥー、アートメイクを理由に就職不採用、解雇につながるといったこともあるようです。健康診断や社員旅行で発覚することが多いようです。

新しい恋愛時に困る

以前つきあっていた相手の名前を彫ってしまっていたため、それが理由で新しいパートナーとの関係に亀裂が生じるようになった…。

流行のアートメーイクが変わった

眉やアイラインにアートメイクを入れたが、「細い眉」「太い眉」など流行が変わり、メイクだけでは流行についていけなくなった…など、当時は良くても将来を考え長い目で見ると早めに治療した方がよいでしょう。

刺青・タトゥー、アートメイクの社会問題点

厚生労働省は「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」を、医師免許を持たないものが行った場合、医師法第17条に違反になると2001年に各都道府県の衛生主管部長宛てに通知しています。

医政医発第105号、平成13年11月8日付にて、「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて」という題で通知があったことが厚生労働省ホームページで明らかにされています。その一部を抜粋します。

記:

第1.
脱毛行為等に関する医師法違反の適用
(1)
用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又その他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛根頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
(2)
針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為
(3)
酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して表皮剥離を行う行為

自身で刺青・タトゥーを入れる以外、つまりサロンやタトゥースタジオなどのイレズミやアートメイクは医師法や傷害行為に抵触すると思われますが免許を持たない者が行っているケースも少なくありません。
また、サロンやタトゥースタジオはご本人の承諾を得ていても、その後に起こる様々なトラブルには医療機関でないため対応ができずに様々なトラブルが起こっています。

【針の使い回しによって起こる感染症】
血液を媒体としてB型肝炎やC型肝炎に罹患するリスク
【合成塗料などによるアレルギー】
塗料などによる拒否反応
このようなトラブルが社会問題になりつつある昨今、
安易に入れることは避けた方がよいでしょう

刺青・タトゥー、アートメイク除去をする際のクリニック選び

「刺青・タトゥー、アートメイクを除去しよう!」と決意したら何を基準にクリニックを選べばよいのでしょうか。クリニックを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

【ポイント1】形成外科または外科出身の医師である事
切除によるタトゥー・刺青除去の場合、皮膚の余裕を見越してのデザイン、切除した際の処置や予測等が非常に重要です。形成外科専門医はヤケド等による植皮や口唇裂、外傷、眼瞼下垂等の治療も行う為、切除や移植のスペシャリストと言えます。形成外科、外科出身で経験豊富な医師選びがキレイに刺青・タトゥーを除去するコツといえるでしょう。
【ポイント2】治療法の選択肢が豊富にあるクリニック
近年「レーザーによる除去のみ」を行っているクリニックもあります。タトゥー・刺青除去では、入っている場所や大きさ、色、ご希望の治療期間により治療法は異なります。ご自分の状態や状況にあう治療法を提案してもらえるクリニックを選ぶことも大切です。
【ポイント3】刺青・タトゥー除去の症例数が多いクリニック
様々な方法を数多く手がけているクリニックを選ぶ事が大切です。札幌中央クリニックでは、医療広告ガイドラインに準じて症例写真をweb上に掲載しておりません。ご来院された際に当院で受けられた方の様々な症例写真を実際に閲覧できます。

札幌中央クリニックの刺青・タトゥー除去のポイント

① 豊富な治療法
札幌中央クリニックでは、全カラー対応のピコレーザーエントラントをはじめ、レーザーだけでなく、単純切除、分割切除、アブレーション(剥削法)など、患者様のご要望と状態に合わせた治療を行っています。
② 豊富な症例
札幌中央クリニックは、開院22年と長い経験の中で培われた技術があります。新しいレーザー治療機器「ピコレーザー(エントラント)」も北海道でいち早く導入しました。刺青・タトゥー除去の専門クリニックとして、多数の患者様に選ばれております。
③ 明朗会計
刺青・タトゥーは範囲が大きいと治療は高額になる場合が多いです。札幌中央クリニックではお支払方法も現金、各種クレジットカード、最大24回まで分割可能な医療ローンもご利用可能ですので「現金とカードを併用したい」「毎月のお小遣いの範囲 で支払いたい」等といったご要望にもお応えしています。
④ 充実したアフターケア
治療後 診療時間に関わらずいつでも不安や心配を即座に解決します。24時間緊急TELにて対応しております。治療後の不安をいち早く解決することも美しい仕上がりと100%の満足を支える大きな治療薬です。治療後の検診は全て無料です。また、通院が必要なくなるまでの期間はもちろん、通院が終わったらおしまいではありません。数年後でも、何か気になることがあればいつでもご連絡ください。いつでも対応しております。
ピコレーザーの特徴はこちら

アクセス

GoogleMapで地図を見る
札幌中央クリニック札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F

●札幌市営地下鉄 大通駅19番出口直結
(南北線、東西線、東豊線)

●JR札幌駅から徒歩約10分、タクシーで5分
平成23年春より札幌駅より当院まで全て地下通路
でアクセスが可能になりました

●中央バスターミナルから徒歩5分
アクセスマップ

  • メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP