ピコレーザー

電話する メール相談・カウンセリング予約

ピコレーザーによるタトゥー・刺青除去とは

札幌中央クリニックでは、キュテラ社のピコレーザー(エンライトン)を導入しています。エンライトンが照射するレーザーは、ピコ秒=750ps(ピコセカンド)とナノ秒=2ns(ナノセカンド)パルス幅に加え、1064nmと532nmの2つの波長を使用することが可能です。レーザー照射をするパルス幅は目的により異なります。タトゥー除去の場合、標的が極小さいものは短いパルス幅ピコ秒=750ps(ピコセカンド)での照射、毛包など標的が大きい場合は、長いパルス幅のレーザー照射が有効です。
エンライトンが治療で照射するレーザーはナノ秒より短いピコ秒というほんの一瞬です。これにより今までのレーザーでは破壊できなかった深部の色素や黒・茶色だけでなく、ほぼ全てのカラーの色素を除去することが可能となりました。
1回の瞬きは平均で100ミリ秒(0.1秒)。
1ピコ秒はその1000億分の1秒。
パルス幅がピコ秒単位のレーザーをピコレーザーといいます。

ピコレーザー(エンライトン)なら、早くキレイにタトゥーを除去

従来のレーザーではできなかった小さな粒子もピコレーザーなら破壊できる
ピコレーザー(エンライトン)は大きなタトゥーインクの粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊することで、刺青やタトゥーをきれいに除去していきます。
札幌中央クリニックのピコレーザーなら、従来のレーザーで砕けない大きさの粒子を砕くことができます。

ピコレーザー(エンライトン)は、2種類のパルス幅で粒子を破壊する

より細かい粒子のインクの破壊が可能!
従来のレーザーではパルス幅10ns(ナノ秒)が限界で、500nm-700nmの大きさのメラノソームや2μm(マイクロメートル)の刺青インクまで破壊できます。しかし破壊されたタトゥーのインクなどは更に小さな粒子となり残ってしまいます。今までのレーザー治療ではその残った粒子を破壊することはできませんでした。しかしピコレーザー(エントラント)は2μmの10分の1である200nm(ナノメートル)の刺青インク粒子や200-400nmのメラニン顆粒も破壊することが可能です。そのため、今までよりもきれいに刺青・タトゥーやアザやシミを消すことが可能になったのです。

ピコレーザー(エンライトン)なら、痛みが少ない!

周辺組織へのダメージが少ない

通常レーザー照射をすると熱が発生して周辺組織へ影響を与え痛みが発生します。痛みはレーザーを照射する時間に比例して大きくなります。ピコレーザー(エントラント)は従来のレーザーに比べ非常に短い時間ピコ秒のレーザー照射のため、周辺組織へのダメージが少なく、痛みを最小限に抑えることが可能となりました。
従来のレーザーとの比較はこちら

アクセス

GoogleMapで地図を見る
札幌中央クリニック札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F

●札幌市営地下鉄 大通駅19番出口直結
(南北線、東西線、東豊線)

●JR札幌駅から徒歩約10分、タクシーで5分
平成23年春より札幌駅より当院まで全て地下通路
でアクセスが可能になりました

●中央バスターミナルから徒歩5分
アクセスマップ

  • メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP